2017年03月07日

2018年01月18日

低用量ピルはまとめ買いしましょう

女性特有の様々な悩みを解決してくれる低用量ピル。でも毎月病院で処方してもらうのは面倒だし経済的にも大変だな。。とお悩みの方必読です。
213

1.低用量ピルについて知ろう

(1)低用量ピルとは

低用量ピルとは女性ホルモンを調整することで、身体を妊娠している状態にしているので、避妊や生理痛や肌荒れなど女性ホルモンによって引き起こされるトラブルを改善してくれる役割があります。
ピルには女性ホルモンが含まれていますが、その中でも最も少ない女性ホルモンの量で避妊をすることができるのが、この低用量ピルです。女性ホルモンの含有量が少ないため、副作用症状がでることもほとんどありません。避妊のためにピルを内服している人のほとんどはこの低用量ピルを内服しています。

(2)低用量ピルの内服方法

低用量ピルは、毎日決められた時間に決められた薬を内服しなければいけません。難しいなと思うかもしれませんが、携帯のアラームなどをうまく利用し、決まった時間に内服するようにして下さい。どの薬を飲めばいいかは、薬の包装などに分かりやすく書かれているので、間違いなく内服できればいいだけです。
低用量ピルは、28日周期で内服します。21日間内服して、7日間休薬する内服方法と21日間内服して、7日間偽薬(プラセボ薬)を内服する方法と2種類あるので、自分の内服しやすい方法を選んでいただけます。

(3)低用量ピルを内服するメリット

低用量ピルを内服すると女性ホルモンのバランスを調整してくれるので、様々なメリットがあります。
低用量ピルを内服することで、休薬期間中に生理が来るので、生理周期が規則正しくなります。また、生理の時の出血量が減ったり、生理痛がかるくなるというメリットがあります。
生理に関することだけではなく、子宮外妊娠や乳がん・子宮がんといった女性器疾患の発症率も低くなることが証明されています。
他にも、女性ホルモンの量の大幅な変化がないので、ニキビなどの肌荒れもできにくくなります。

2.低用量ピルの入手方法

医師の診察を受けてピルを処方してもらう方法と、通販サイトであれば自分で海外の低用量ピルを輸入してもらうことができます。

(1)病院で医師の診察を受けよう

低用量ピルはホルモン剤なので、女性ホルモンのバランスに影響を与えるので、初めて使う方は医師の診断を受けてからの方が望ましいです。薬に詳しくない方で、どれを内服すればいいかわからないと言った方でも医師に相談することで気兼ねなく内服することができるでしょう。

(2)通販サイトで購入する

日本のピルは医師の処方箋がないと購入できませんが、通販サイトを利用し海外の低用量ピルを手に入れることができます。海外の低用量ピルでも効果は同じなので、安心して使用して頂けます。
また、海外から薬を輸入してくれる代行サービスもあるので、英語ができなくても簡単に取引することができます。
通販サイトで購入する場合は、診察費用などもいらず、薬の料金も格安で手に入れることができるので、毎日内服しなければならない低用量ピルでも経済的負担が少なくすみ、場所も時間も選ばず、自分の空いた時間に購入することができます。

3.通販サイトで低用量ピルを買うときは大量買いがお得!

日本で低用量ピルを購入すると、1か月の薬代で3000円前後かかります。そのほかにも医師の診察代など、プラスで料金がかかってしまいます。しかし、通販サイトを利用すると薬の値段も安く手に入れることができます。
そして、1か月ずつ買うよりまとめて買った方がさらにお得になるので、まとめ買いのメリットを紹介します。

(1)とにかく安く購入できる

通販では低用量ピルの1か月分は1000円前後で購入できて、これだけでも病院で処方してもらう半額以下です。
さらに3ヶ月分、6か月分とまとめ買いをすればするほど安く購入できます。
安いというだけでは、内服しても妊娠してしまうのではないかと心配になってきますが、実績のある通販サイトを選んで購入すればそんな心配もいりません。また、薬の効果には変わりはないので、薬代などが経済的な圧迫感を与えている人にはオススメです。

(2)まとめ買いができる

日本で購入する場合は、医師の診断が必要なので、最大でも2ヶ月分ほどしか処方してもらえません。しかし、通販サイトを利用すると、6か月分、1年分と購入でき、さらに価格まで安くなるのでとてもお得です。
継続して内服している人は、自分の内服している薬を数か月に1回時間を取って病院に行かなくても、自宅ですぐにまとめ買いができるので、時間もお金も無駄にすることなく、他の楽しいことに回せます。
また、来月分がないなどと焦ることもなく、安心して内服してもらうことができるので、まとめ買いはオススメです。

4.注意点

通販サイトで海外からまとめ買いしても、まとめ買いができるのは自分の分だけです。他の人に購入した薬を譲渡するのは禁止されているので、自分の使用量だけ注文するようにして下さい。

5.最後に

低用量ピルは、海外の方が使用している方が多い薬です。日本で購入すると、保険適用外で、継続で内服しなければいけない薬なのに、薬代などがかさんで内服を継続できないと言った方も多いかもしれません。
しかし、通販サイトで購入すると安く手に入れることができます。さらに、まとめて購入するとより安くなり、数か月に1度の診察も必要ないので、残った時間もお金も有効的に使うことができます。
継続して内服しなければいけない低用量ピルなので、通販のまとめ買いを利用すると自分の負担にならずにより安く、安心して使用できるようになるはずです。

上に戻る