2017年03月03日

2018年10月04日

簡単!安心!はじめての個人輸入代行

インターネットを使って個人輸入でお薬を購入はとっても簡単!難しい手続きは何も必要ありません。
282

1.インターネットを使って個人輸入でお薬を買ってみよう!



薬を買う場所ときいてパッと頭に浮かぶのは、医師が処方箋を出してくれる病院や薬局か、市販薬を買うドラックストアなどの2か所かと思います。しかし、いまではインターネットを通じて自分のほしい手に入れる、という第3の選択肢が身近になっています。
第1類医薬品と呼ばれる、薬剤師からでなければ購入することができないロキソニンなどのお薬も、平成25年に法律が改正され、平成26年6月からネット通販で自由に購入することができるようになりました。さらに、日本で取り扱いのない医薬品や、処方箋がなければ国内では手に入らないような医薬品も、個人で輸入することで海外から入手することができます。
個人輸入や海外からの通販ときくと身構えてしまうかもしれませんが、個人輸入代行というサービスを利用することで、通常のネット通販サイトを利用するときと同じくらい簡単に、海外から医薬品を購入することができます。また仮にネット通販に不慣れな方であっても、洗練されたシンプルなサイトデザインと便利なサービスによって個人輸入代行サイトの利用はとても簡単です。是非この記事を参考にお気に入りのサイトを見つけて利用してみてください。

2.個人輸入でお薬を買うメリット



(1)海外の薬を買える

個人輸入では、日本で承認されているものはもちろん、それ以外のさまざまな薬も自由に購入することができます。海外の医療現場ではすでに使用されていても日本ではまだ使われていない医薬品が世界には数多くあります。日本の薬が自分に合わず悩んでいる方や、処方されている薬のコストに不満のある方にとってまさにうってつけの手段です。
海外から医薬品を個人で輸入するときは代行サービスの利用がおススメです。市場調査にもとづいた安価なプライスや、日本人による日本語サイト運営による安全・安心できる取引など、消費者にとって大きなメリットがあります。一度の購入が16,000円以下であれば基本的に関税の発生もありません。
お薬の個人輸入の平均購入額はおおよそ 6,000円~8,000円/オーダー といわれており、避妊ピルやED治療薬のまとめ買いをしても通関で余計なコストが発生することはありません。一度で大量に購入する必要はないけれども、継続してきまった薬を内服しなければいけない方にとっても、長期的な医療費負担の軽減につながる有効的な手段です。

(2)いつでもどこでも購入できる

インターネットでの個人輸入代行サービス利用は、ユーザーにとっては国内の通販サイトの利用と何ひとつかわりません。通常のネット通販同様、場所も時間も選ばず買い物することができます。職場の行き帰り、昼休みなど、病院やクリニックへ通う時間をなくし、プライベートを有効に使うことができるようになります。

(3)プライバシーが守られる

ドラックストアで水虫やデリケートゾーン用の薬をレジで会計したり、泌尿器科へ性病治療のために通院したり、ED治療外来、育毛クリニック、肥満外来などへの通院は誰しも恥ずかしいものです。
個人輸入代行を利用すれば、そのようなコンプレックスを他人に明かすことなく、姿を誰かに見られることもなく、余計なストレスをゼロで治療することができます。また、多くのサービスでは配送に郵政のEMSを採用しており、郵便局留めでの出荷に対応しています。自宅での荷物受け取りも避けることができるので、家族に知られる心配もありません。ご家族やパートナーの心的負担も軽減されます。

(4)お薬の詳しい説明を購入前に確認できる

薬の詳細は、商品の箱の中に添付文書として同梱されている場合がほとんどです。多くのサイトはその添付文書にもとづいた商品説明をページ上に展開していますので、購入前にその医薬品について詳細を知ることができます。
このように、インターネット通販の場合、購入する前から薬のすべての情報を把握し、情報を自分の目で確かめることができます。

(5)より安価に購入することができる

インターネット通販と言えば「価格競争・安い」という印象がつきものですが、医薬品販売でもそれは例外ではありません。
日本国内では、薬価とよばれる薬の価格が国によって決定されており、卸売り事業者の仕入れコストは均一です。そこからクリニックや薬局が薬を仕入れ、それを決まった価格で販売します。そこに、「パッキング」「錠剤を砕いて粉にする」など独自のサービス価格をそれぞれ上乗せて患者に処方しているという仕組みです。「薬価」「上乗せされる手数料・サービス料」により医薬品の購入コストは決定します。
一方、海外からインターネットで購入する医薬品は、巨大な卸売り事業者が世界中から様々なパイプや手段を駆使してできるだけ安価に調達された品物であることが多く、それが当然末端価格にも反映されます。なので「安い」=「粗悪・品質が低い」とおいうわけではなく、日本とはマーケットの構造が根本的に異なるゆえの当然の結果、ということになります。

3.いま話題のジェネリック医薬品について知ろう



(1)ジェネリック医薬品とは

薬局などで最近よく耳にする「ジェネリック医薬品」をはなにか、ご存知ですか。
ジェネリック医薬品とは、これまで一般的に使われていた薬(新薬)の特許が切れた後に販売される同じ有効成分、同じ適応症を持つ後発医薬品のことを言います。新薬のことを先発薬と呼ぶこともあります。
ジェネリックは、効き目や有効成分は新薬と同様です。薬を作るにあたって他に含まれる添加物や味、色、形状などはそれぞれ異なることが多いです。製薬会社によって、同じ効能の薬でもジェネリック医薬品の場合、錠形や梱包量などが異なります。自分の飲みやすい薬や好みの梱包タイプを探すことも1つの愉しみになります。

(2)ジェネリック医薬品のメリット

≫価格
ジェネリック医薬品の魅力は、何と言っても「安い」ということです。安いばかりを強調されると逆に不安になってしまうかもしれませんが、安さには理由があります。
新薬(先発薬)リリースには長年にわたる研究開発やテストなどの莫大なコストが費やされますが、ジェネリックは既に安全性・有効性が認められ商品化されている有効成分で作られるため、開発コストが圧倒的に小さくなります。よって、商品価格も安価に設定でき、安く薬を提供できるようになるのです。
≫保険適応外の病気の医療費負担を減らそう
EDやAGAの治療やピルの内服など、予防的なものや健康を害していないものの治療は基本的に保険の適用外なので、医療費全てが自己負担になってしまいます。ほとんどは内服治療が第一選択として選ばれるので、薬代だけでも少なくとも月々3,000円以上はかかってしまいます。
また、冬に流行するインフルエンザもインフルエンザに感染した後の病院代は保険適用ですが、感染前の予防でタミフルを内服する場合は保険の適用外となります。
こんな時ジェネリック医薬品を選択すれば、新薬と比較し3割~5割以上の経済的負担軽減につながります。出費を気にせずに治療に専念することができるのでオススメです。
ジェネリック医薬品にまだまだ抵抗がある方もいるかもしれませんが、慢性的な病気であれば継続的な医療費負担がつきものです。より低価格で手に入れることのできるジェネリック医薬品をぜひご利用下さい。
最近では、日本政府も医療費負担の軽減を図るため、新薬に比べ薬価の低いジェネリック医薬品を推奨し始めています。ジェネリックの選択は、個人だけでなく国家の財政改善に貢献することにもつながります。

4.個人輸入でお薬を購入するときに気を付けること



(1)医師の診断をうけることができない

インターネット通販で薬を購入するときは、自らの選択で選択します。購入するときに医師や薬剤師といった専門知識をもつ人々に相談することができないというデメリットも存在します。はじめて利用する薬は、事前に専門家に相談するようにしましょう。

(2)販売店を自分で見極める必要がある

インターネット通販で薬を購入するときは、自分で信頼できるサイトを見つけたうえで薬を購入するようにして下さい。ごくまれに、粗悪品や偽物を違法販売をしているサイトが報告されます。お薬通販比較.comでご紹介しているサイトは、全て100%正規品の優良店舗ばかりです。お薬通販比較.comでの口コミなどをご参考に、ご自身の好みのお店をみつけてください。

(3)薬の購入は自分の分だけ

個人輸入では、その名のとおり自分の使用する分だけ購入が可能と決められており、販売目的での購入は禁じられています。注文の際は自分の欲しい用量だけ購入するようにして下さい。

5.おわりに



日本で売られている薬も海外で売られている薬も、ほとんどがインターネット通販で購入することができるようになりました。通院などに定期的な時間を割くことなく、自らに合った薬を自らに合った方法で購入することができます。
薬について専門知識がない方でもわかりやすい商品説明があるので、空き時間などにぜひ一度当サイトでご紹介している優良店舗の商品ページをご覧ください。

上に戻る