2018年04月25日

あなたは大丈夫?五月病にならない予防法と治療法【薬剤師コラム】

春が過ぎ、ゴールデンウイークが終わる頃になると、気分が落ち込んだり、やる気がなくなったりしませんか?
もしかしたら、それはあなたが五月病だからかもしれません。
今回は、そんな五月病についてみなさんが一般的に知っていることから、あまり知られていない五月病について説明していきます。
87

五月病とは?


五月病とは、4月から進学や就職で生活環境が変わってしまった方が、5月頃になると発症する精神的症状のことです。
新しい環境に適応できないことに起因することで発症し、7人に1人が一生のうち一度以上はこの病気を経験するといわれています。
実は医学的には五月病といわれる病気は存在しません。
五月病のような症状は、新しい環境の変化に適応できないことで起こる気分障害(うつ病など)や不安障害(適応障害など)などと医学的には診断されています。
五月病といわれると、周りの人からはやる気がない人、不真面目な人に見られてしまうこともあります。
しかし、本当はそうではありません!
むしろ真面目な人や責任感のある人ほどなりやすい傾向にあります。
五月病を一過性のものとして放っておいたり我慢したりすると、症状が進行して大変なことになることもあるんです!
そのため、原因を突き止め対処することが推奨されています。

五月病の主な症状と原因は?


五月病の主な症状は以下のようなものがあります。

・なんとなくやる気が出ない
・疲れやすく、休んでも疲れがなかなか取れない
・仕事や勉強に集中できない
・眠れない

このような倦怠感や脱力感だけでなく、重症の方になると下記のような肉体的な症状もあらわれることがあります。

・食欲不振
・胃の痛み
・めまい
・動悸

なぜこのような症状が出るかといわれると、主な原因はストレスです。
五月病は4月に仕事では入社・人事異動・転職、学校では入学・進級・転校、日常生活では引っ越し・一人暮らしスタート・結婚などの大きな生活環境の変化がきっかけで起こります。
環境が変わった最初の時期はやる気もあり活力あふれているのですが、徐々にその環境に適応できないでいると不満やストレスが溜まっていき、うつ病に似た症状があらわれるようになります。
5月のゴールデンウイーク明けの頃から疲労が一気に爆発し、症状があらわれ始めるため五月病という名前で呼ばれています。
しかし、最近では5月だけ五月病になるというわけでもないようです。
新社会人の場合は、新人研修が終わって現場で勤務するようになる6月頃に五月病の症状が出ることも多くなり、新五月病あるいは六月病とも呼ばれるようになっています。
学生の場合は、夏休み明けにこれらの症状があらわれることもあることから、九月病と呼ぶ方もいます。

どのような人が五月病になりやすい?


五月病になりやすいのは、意外かもしれませんが真面目な方、責任感のある方、忍耐力のある方です。
そもそも不真面目で責任感も我慢強さもなければ、周りの環境を気にせずマイペースで過ごすことができるので五月病になることがありません。
逆に、真面目な方や責任感のある方は、慣れない新しい環境でも我慢してストレスを溜め込みがちになります。
五月病は一種の適応障害のようなもので、環境に適応できず、溜まったストレスが自分の処理能力を超えてしまうと、五月病を発症してしまうようです。
それでは、そんな五月病の予防方法や、もし五月病になってしまったときの治療方法について紹介していきます。

五月病の予防方法は?


五月病にならないためには、まずストレスをためないことが最も大切です。
新しい環境でも無理をせず、焦ったり悲観視しないで、自分のペースで慣れていこうとすることです。
ゆったりと構えることでストレスを溜め込まないようにしましょう。
また、ストレスが溜まってしまったら自分にあったストレス解消法を実践するのも効果的です。
以下は効果的なストレス発散方法です。

・適度に身体を動かす、スポーツなどを始める
・栄養バランスの偏った食事を見直し、健康的な食事を意識する
・十分な睡眠をとる、ちゃんと朝起きて夜には就寝するように生活リズムを整える
・考え方を変えてみる、ネガティブに考えるのをやめてポジティブに考える
・ぬるめのお湯に入浴し、リラックスする
・お気に入りのミュージックを聴く、好きな本を読むなど趣味を楽しむ
・家族や同僚、友人などに相談する

しばしば暴飲暴食してストレスを発散する方もいますが、それはおススメではありません。

過度な食事やアルコールに頼りすぎてしまうと、摂食障害やアルコール依存症などの別の問題を抱えてしまうおそれがあるのでやめましょう。

もし五月病になってしまったら?


五月病は基本的には一過性のもので、新しい生活や環境、人間関係に慣れることでストレスから解放されるので、おおよそ1~2ヵ月程度で症状は改善することが多いです。
もし五月病になっても前述したようなストレス解消方法をしながら、新しい生活環境に慣れていくようにしましょう。
しかし、それでも症状がよくならなかったり五月病を放置してストレスを溜め込んだままにすると、不安障害やうつ病などの、よりひどい状態になることがあるので注意が必要です。
症状が進行してしまい、不安、焦燥感、うつ状態などがひどい場合には、医療機関を受診したり、抗不安薬を服用したりする必要があります。
それでは、五月病によるうつ状態や不安症状に効果があり、個人輸入代行サイトを利用して購入することができるおススメのお薬を紹介していきます。

五月病の症状におススメのお薬



デュロキセチン(商品名サインバルタ)
抗うつ薬として有名なデュロキセチンです。
服用することで憂鬱な気持ちをやわらげ、意欲を高めてくれます。
気分が晴れない、落ち込んでいる、ネガティブ、やる気が出ない、集中できない、眠れないなどの症状を改善するために服用されています。
デュロキセチンは、脳内の神経伝達物質であるセロトニンとノルアドレナリンの2つを上昇させる作用があります。
そのため、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)と呼ばれています。
セロトニンを増やすことで不安症状を、ノルアドレナリンを増やすことで意欲低下を改善します。
効果は比較的マイルドな方ですが、効き方が早く早期の回復が見込めます。

・ベンラファキシン(商品名イフェクサー)
ベンラファキシンもデュロキセチンと同様SNRIです。
脳内のセロトニンとノルアドレナリンを上昇させることでうつ状態を改善します。
ベンラファキシンは低用量では主にセロトニン系に、高用量ではセロトニンとともにノルアドレナリン系の作用がより強まることがわかっています。
海外ではうつ状態だけでなく、全般的な不安症状、パニック障害の治療のためにも服用されています。

セルトラリン(商品名ジェイゾロフト、ゾロフト)
セルトラリンもうつ病を治療するお薬です。
デュロキセチンやベンラファキシンはSNRIでしたが、セルトラリンは違います。
セルトラリンはセロトニンに対する選択性が強く、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)と呼ばれています。
服用することで脳内のセロトニン濃度を選択的に上昇させ、不安や緊張した気分を解消してくれます。
うつ状態だけでなく、社交不安障害といわれる症状にも治療効果があります。
発表やスピーチなどの人前でなにか作業するときに緊張する、いわゆるあがり症などの症状を改善するためにも服用されています。

エスシタロプラム(商品名レクサプロ)
エスシタロプラムもセルトラリンと同様SSRIの抗うつ病治療薬です。
エスシタロプラムは比較的新しいお薬で、国内で4番目のSSRIです。
うつ症状だけでなく、不安症、社交不安障害、パニック障害などを治療することができます。
比較的安全性の高いお薬で、従来の抗うつ薬でみられる口の渇きや便秘などの副作用も少なくなっています。

クエチアピン(商品名セロクエル)
クエチアピンは、日本ではセロクエルという名前で製造・販売されている心の病気である統合失調症の治療薬です。
統合失調症の治療のために、日本を含め85ヵ国以上の国で承認されています。
セロクエルは非定型抗精神病薬といわれ、服用することで脳内の様々な神経伝達物質のバランスを整えることで治療効果をあらわします。
強い不安感や緊張、抑うつ気分などの精神症状を改善することができます。

まとめ


五月病は、最近では新社会人や学生だけでなく中堅社員の方も発症するケースが増えてきました。
雇用の多様化、景気の低迷、ブラック企業問題など社会人の方は、昔とは比較にならないほどのストレスにさらされています。
そのため、ゴールデンウイークの長期休暇明けに仕事に行きたくない気持ちが急激に高まって、五月病を発症する方が非常に多くなっています。
みなさんも、まずはストレスを溜め込まないようにうまくストレスを解消し、それでも五月病になってしまったら無理して我慢せずにお薬を服用するなどの治療を受けるようにしてください。
五月病だと思っていたら、実はうつ病や適応障害などの場合もあります。
五月病で病院を受診するのは恥ずかしくなかなか難しいかもしれませんが、気になる症状があれば、医療機関を受診し医師に相談することも検討してください。

原稿作成:薬剤師 白鳥勇磨

上に戻る