ピル・アフターピル

危険日と安全日っていつなの?妊娠する確率は?妊娠したい時は?避妊・妊娠の疑問解決【薬剤師コラム】

身体の中で何が起こったら妊娠するのでしょうか?
性交して膣内に入った精子が膣から子宮へ泳いでいき、卵管膨大部という場所で卵子と出会い合わさって受精卵となり、子宮に戻って子宮内膜に着床したら晴れて妊娠が成立します。

精子にとっては「卵子と出会う」ことが妊娠への重要なキーポイントとなります。
卵子はどこから来るのかというと、女性の卵巣内の成熟した卵胞から飛び出します。この卵子が出てくることを「排卵」と呼びます。卵子は卵管内を進み、卵管の一番太い部分である卵管膨大部で精子の到着を待ちます。
女性の体内では、卵胞を成熟させる→排卵する→妊娠の準備をするという平均28日間のサイクルが何十年も行われます。排卵日は健康な女性であれば、一般的に月経開始日のおよそ14日前となります。
尚、妊娠に至らない場合は排卵日から約2週間後に生理が来ます。

女性にとっては毎月1回起こる排卵によって妊娠の可能性が左右されるため、排卵日を基準として妊娠しやすい日(危険日)や妊娠しにくい日(安全日)を把握するようになりました。
ここでは避妊・妊娠への疑問が少しでも解決するように分かりやすく説明していきます。
詳細ページ

つらい月経やPMSでお悩みの方、妊娠を望まない方におススメ!経口避妊薬のおすすめ【薬剤師コラム】

日本の働き方改革により、女性の社会進出も推進され、どんどん会社で活躍している女性が増えてきました。
そのため現代の女性のライフスタイルでは、妊娠を望まない方も多くなっています。
妊娠を望まない方ですと、月に1回起こる月経が煩わしく感じたり、恋人との性行為によって万が一にでも妊娠するリスクは避けたいですよね?
今回は、そんな望まない妊娠を回避したり、つらい月経の症状を抑えることができる経口避妊薬について紹介していきます。
詳細ページ

ピルとアフターピルについて

ピルは毎日内服し、女性ホルモンのバランスを調整することで、身体を妊娠した状態にすることで妊娠を防ぎます。 一方、アフターピルは性行為後72時間以内に内服すると、生理を起こすことで子宮内に精子が着床することを防ぎます。しかし、この時だけの作用の為、その後体は再び妊娠できる状態になっています。 それぞれの違いを理解したうえで、使用しましょう。
詳細ページ

トリキュラー12箱(1年分)を薬通販ベストケンコーで購入したときのレポートです(画像多数)

評判のよい記事も悪い記事もあり珠玉混合している薬通販の噂。それなら実際自分の目で確かめてみようと女性に大人気の「トリキュラー21」12箱(1年分)を薬通販サイトで個人輸入してみました。 今回はベストケンコーさんを利用して購入体験レポートを作成しました。
詳細ページ
上に戻る