AMP

まだデータがありません。

AMP_うつ病のときはどんな薬を飲めばいいの?抗うつ薬の種類と特徴【薬剤師コラム】

心の病気の治療には、抗うつ薬がよく処方されています。
抗うつ薬といわれると怖くて危ない得体がしれないものというイメージを持たれている方もいます。
昔の抗うつ薬は確かに副作用もたくさんあり、イメージ通りのお薬もありました。
しかし、現在の抗うつ薬は様々な種類のものが販売・開発されており、適切に使用すれば副作用も起こすことなく、安全に治療することができるものが多くあります。
今回は、そんな現在の医療の最前線で使用されている抗うつ薬について解説をし、どんな抗うつ薬を服用すればいいかを紹介していきます。
詳細ページ

AMP_脱毛症治療で有名なミノキシジルって何?効果はある?正しい使い方とオススメ商品【薬剤師コラム】

リアップ、プロペシア、ザガーロなど抜け毛・薄毛治療薬は数あるけれど、みなさんはこれらの違いをご存知でしょうか?
これらのお薬はそれぞれミノキシジル、フィナステリド、デュタステリドという成分を配合いています。
それぞれに脱毛・薄毛解消のために優れた効果があって、多くの方に愛用されています。
今回は、それらの抜け毛・薄毛治療薬のなかでも日本の薬局・ドラッグストアでも販売されている「リアップ」シリーズにも使用されているミノキシジルについてわかりやすく解説していきたいと思います。
詳細ページ

AMP_夏の病気~プールに潜む感染症リスク編~【薬剤師コラム】

全国的に猛暑日が続いていますね。
朝起きるとすでに気温が高く、冷たい水を浴びたくてプールに遊びに出かける方も多いのではないでしょうか。
夏は、厳しい暑さから食欲不振になったり、生活習慣が乱れやすく、夜更かしが続いたりしてなにかと体調を崩しがちな季節でもあります。
冷たいプールは最高ですが、人が多い所はそれだけ病気に感染しやすいリスクも高いです。
プール以外にも、家族や友達と一緒にレジャーやBBQを満喫したいのに体調を崩してしまっては元も子もないですよね。
今回は、そんな夏になりやすい病気のうちでも、プールに遊びに行ったときになりやすい病気とその時に使用するとおススメのお薬を紹介していきます。
詳細ページ

AMP_性病ってかかったらもう治らない?予防はどうすればいいの?【薬剤師コラム】

性病に感染したら完全に治すことはできないのでしょうか?
ほとんどの種類の性病は治すことができますが、残念ながら現在の医学でもすべての性病を完全に治すことはできません。
クラミジアや淋菌などは適切な抗生物質を使用すれば治すことができます。
ヘルペスや尖圭コンジローマなどは見た目上はよくなっても、体内に潜伏しているウイルスを完全に殺すことができず、体調不良や免疫力低下によって再発してしまうことがあります。
また、HIV(エイズウイルス)に感染した場合も、現在でも特効薬は開発されておらず、発症を抑える薬があるにとどまり、発症してしまえば最終的には死に至ることも少なくありません。
しかし、どんなSTDでも、早期に発見して早期に適切な治療をすれば完治あるいは症状の進行を抑え、寿命を全うすることができます。
そのため、今回はそんなSTDの有無を確認する方法やそれぞれのSTDで推奨されている治療方法について紹介していきます。
詳細ページ

AMP_危険日と安全日っていつなの?妊娠する確率は?妊娠したい時は?避妊・妊娠の疑問解決【薬剤師コラム】

身体の中で何が起こったら妊娠するのでしょうか?
性交して膣内に入った精子が膣から子宮へ泳いでいき、卵管膨大部という場所で卵子と出会い合わさって受精卵となり、子宮に戻って子宮内膜に着床したら晴れて妊娠が成立します。

精子にとっては「卵子と出会う」ことが妊娠への重要なキーポイントとなります。
卵子はどこから来るのかというと、女性の卵巣内の成熟した卵胞から飛び出します。この卵子が出てくることを「排卵」と呼びます。卵子は卵管内を進み、卵管の一番太い部分である卵管膨大部で精子の到着を待ちます。
女性の体内では、卵胞を成熟させる→排卵する→妊娠の準備をするという平均28日間のサイクルが何十年も行われます。排卵日は健康な女性であれば、一般的に月経開始日のおよそ14日前となります。
尚、妊娠に至らない場合は排卵日から約2週間後に生理が来ます。

女性にとっては毎月1回起こる排卵によって妊娠の可能性が左右されるため、排卵日を基準として妊娠しやすい日(危険日)や妊娠しにくい日(安全日)を把握するようになりました。
ここでは避妊・妊娠への疑問が少しでも解決するように分かりやすく説明していきます。
詳細ページ

AMP_つらい月経やPMSでお悩みの方、妊娠を望まない方におススメ!経口避妊薬のおすすめ【薬剤師コラム】

日本の働き方改革により、女性の社会進出も推進され、どんどん会社で活躍している女性が増えてきました。
そのため現代の女性のライフスタイルでは、妊娠を望まない方も多くなっています。
妊娠を望まない方ですと、月に1回起こる月経が煩わしく感じたり、恋人との性行為によって万が一にでも妊娠するリスクは避けたいですよね?
今回は、そんな望まない妊娠を回避したり、つらい月経の症状を抑えることができる経口避妊薬について紹介していきます。
詳細ページ

AMP_放っておくと命の危機?薬剤師がススメる高血圧治療におススメのお薬5選!【薬剤師コラム】

みなさんは職場の健康診断や人間ドッグで「高血圧」を指摘されたことはありませんか?
血圧の数値が高いといわれても実感もないし、自覚症状もないからと放置してはいませんか?
それってかなり危険なことなんです!!

高血圧は脳卒中や動脈硬化の原因となり、命を落としてしまう方が多くいます。
今回は、そんな実は危険だけど放置されがちな高血圧についての情報とその治療におススメのお薬を紹介していきます。
詳細ページ

AMP_春が過ぎても要注意!秋花粉症に要警戒!【薬剤師コラム】

2018年の春が過ぎ、夏や秋になってきて花粉症から解放されたと安心していませんか?
花粉症といわれるとスギやヒノキなどの春の花粉のイメージが強いかと思いますが、夏から秋にかけて発症する「秋の花粉症」にも注意が必要です。
毎年、夏の終わりから秋にかけて「鼻水・くしゃみがとまらない」などの症状が続いている方は、秋の花粉症である可能性があります。
秋の花粉症ならば、お薬を服用して症状を抑えるのがおススメです。
今回は、そんな秋花粉による花粉症の原因となる植物や症状を抑えるあるいは治療・予防するのにおススメのお薬を紹介していきます。
詳細ページ

AMP_真夏のダイエット必殺アイテム「痩せる薬」やサプリメント11選【薬剤師コラム】

服で体型をごまかすことが困難な季節がに突入しつつあります!否応無しに薄着になり、時には水着にならなければいけないこともあるサマーシーズン。
この時期に焦ってダイエットを始める方も非常に多いのではないでしょうか。

ダイエットの基本はもちろん適度な食事制限と運動に限ります。
ダイエットは「消費カロリーが摂取カロリーを上回れば痩せる」というシンプルなシステムですが、一度ついた脂肪は本当になかなか取れません。
地道な努力・我慢と「絶対に痩せてやる」という強い意思が必要不可欠です。

そこで、 このページではダイエットをサポートしてくれる秘密のアイテムをご紹介します!
飲むだけで痩せる魔法の薬ではありませんが、100頑張った分を200~何倍も頑張ったことにしてくれるような強力な減量サポート効果のあるアイテム揃いです。
詳細ページ

AMP_薄毛・抜け毛を通院せずに解決!おススメのAGA治療薬【薬剤師コラム】

男性のみなさん、頭髪の悩みは抱えていませんか?
若い頃よりも頭が薄くなっていたり、抜け毛が気になったりしませんか?
それは男性型脱毛症が原因かもしれません。
脱毛は生理現象ですが、過剰に起こると見た目や印象に大きな影響を与え、その人の生活の質に大きくかかわっています。
ハリウッドスターや俳優など、スキンヘッドや坊主の方でもカッコいい男性の方は多くいます。
しかし、やはり髪の毛がフサフサの方が女性にモテモテで好印象を持たれることが多いですよね?
そのため薄毛に悩む男性の方の中には、脱毛・薄毛対策をして、発毛効果が感じられずガッカリした経験があるかもしれません。
それは、適切な薄毛対策をしていなかったからかもしれません。
インターネットが普及した現代では、薄毛対策についての情報も散乱しており、科学的根拠に基づかない民間療法が社会的に蔓延し、意味のない薄毛対策をしている方も少なくありません。
今回は、そんな薄毛・抜け毛に悩む男性の方のために、科学的根拠のあるおススメの脱毛症対策方法について紹介していきます。
詳細ページ
1234
上に戻る